きものの雑学

綜麻繰(へそくり)

綜麻繰(へそくり)

 綜麻繰(へそくり)とは、他人に知られないようにこっそり貯めたお金のこと。今では、「臍繰り」と書きます。
語源は諸説ありますが、農村の女性たちが行っていた、麻糸をつなげて操り糸巻きにしていく「綜麻繰」が有力とされています。かつて戦国時代の武将、山内一豊の妻、千代は綜麻繰が上手だったことから、その収入を鏡の裏に蓄えていました。そして、名馬を買って夫の活躍に一役かったと伝えられています。